西郷隆盛 「南洲流謫跡」最後の居住地 奄美大島 鹿児島県


西郷隆盛 南洲流謫跡 三番目にして最後の居住地
龍郷集落の白間地区にある。
鹿児島県大島郡龍郷町龍郷166


西郷が愛加那と菊次郎のために建てた新居で文久元年(1861年)11月20日に完成した。
西郷がここで生活したのはわずか2ヶ月だった。
塀は当時のまま残っており、入り口正面には勝海舟の碑文が刻まれた石碑が建っている。

関連記事

TOP